デスクトップ?ノート?プログラミングを始めるならこちらです。

プログラミング

プログラミングを始めるためにPC買います。
でもノートPCかデスクトップPCどっちがいいんだろ??

お高い買い物だからどっちか決められない!

こんな方に向けての記事です。

プログラミング学習のためにパソコンがほしい!と思う方は少なくないと思います。

僕自身、約2年前にPCを買いました。その時のMacBookProを今でも使っています。

当時大学生だったので、16万円の買い物はあまりにも大きくかなり悩みました。

パソコンのスペックでも悩みましたが、やはり、ノートかデスクトップかこれが一番の悩みところでした。

そこで、今回はそういった悩みの解決策を提示したいと思います。」

基本的にデスクトップがオススメです

デスクトップがオススメ?その心は?

デスクトップには以下の2つの大きな利点があります

  • 画面が大きいので、同時に複数のアプリを画面に表示できる
  • 長時間作業がしやすい

順に解説していきます。この2つがプログラミングでは大きすぎるのです。

画面が大きいので、同時に複数のアプリを画面表示できる

同時に複数のアプリを立ち上げるのは大切なの??

ぶっちゃけ超重要です。プログラミング学習の効率に直で影響を与える要素です。

プログラミングをしていると、『ブラウザで調べ物をしながらテキストエディタでコードを打つ』や、

『ファイルをみながらテキストエディタを開く』などが必須になります。

これが画面が小さいと、複数立ち上げていると見ずらくストレスになってしまいます。

シンプルに画面が大きいというのが大きなメリットになります。

長時間作業がしやすい

デスクトップの方が長時間作業しやすいの?

はい、ノートPCで長時間作業はきつい人には本当にきついです。

以下の記事でもお伝えしましたが、人間は目線を下げると集中力や難しい問題を考える力が低下します。

テレワークで集中するコツ。些細な事で大きな差になります。
テレワーク、集中出来ない、、テレワークをもっと快適にしたいこんな方に向けての記事です。昨今、ウィルスの影響もあり、『リモートワーク』という働き方が主流になってきましたね。『満員電車に乗らなくていい』『嫌いな...

ノートPCでの作業はまさにこの良くない姿勢になってしまいます。

その点、デスクトップは画面も大きいし、目線も下がらない。まさにプログラミングにむいていますね。

プログラミングで、問題を考える力が低下するのは、致命的です。

とは言え、ノートPCにも魅力がはあります

ノートPCの最大のメリット、それは持ち運べる事ですね。

  • スタバでMacどやっ!
  • 自分のノートPCを持ってセミナーやスクールに参加
  • 友達の家に集まってプログラミング!

ぶっちゃけ、ノートPCの方が華があります

理想の姿を想像した時に、ノートPC片手に、、みたいな姿を想像する人も多いと思います。

こういった不純な動機も、モチベーションには大切です。

デスクトップのメリットも良くわかったけど、ノートも捨てがたいよ、、

こういった方に次の提案をします

ノートPCを買って、デスクトップ化を行う

デスクトップ化?どーゆー事??

結論から言うと、ノートPC+モニターを買って、ノートPCをデスクトップのように使えるようにする感じです。

家では、モニターに写してデスクトップとして!
外に出る時はノートだけを持って!
という感じに二刀流ができますね

ノートPCをデスクトップ化するには以下の機材が必要です。

  • ノートPC
  • モニター
  • ケーブル(ノートとモニターを繋ぐ)
  • マウス
  • キーボード

これで、ノートとデスクトップの二刀流が可能になります。

これら機材のオススメ商品はまた別記事で紹介します。

ただ、MacBookを購入する場合、以下の4つを揃えれば問題なくデスクトップ化使えます。間違いないかと。

モニター

ケーブル

マウス

キーボード

迷ったら、ノートPCとモニターを買うべき

最初に述べたように、基本的にはデスクトップをお勧めします。

ただし、ノートPCにも天使のような魅力があります。これに惹かれる人も多いでしょう。

選びきれない人は、ノートPCとモニターを買い、デスクトップとしてもノートとしても使える環境を整えましょう。

なんせ、高い買い物ですからね、、

やっぱり〇〇の方がよかった!』とはなって欲しくないので、二刀流で行くのが無難かと思います。

家で作業する時は、デスクトップ!外に行く時は、MacBook片手に出かけましょう。

後悔しない買い物のコツは、最後に自分の意思を反映させることです。自己決定感が後悔を減らしてくれます。

コメント