【プロゲート復習】Javascriptでオブジェクトを使おう

プログラミング
難易度:★☆☆☆☆

この記事では、Javascriptで以下の内容に触れていきます。

  • オブジェクトとは
  • オブジェクトの取得と更新

対象読者は、次のような方を対象としています。

Javascriptでオブジェクトを学びたい!

プロゲートの復習をしたい!

前回では、配列の基礎を学びました。今回はオブジェクトを学びましょう!

オブジェクトとは

ここまで、普通の配列を学んできました。ではここからは、オブジェクトを学んでいきます!

オブジェクト、、難しそうですね、、、

オブジェクトは、配列と同じく複数のデータをまとめて管理することに用いられます。

普通の配列は、複数の値を並べて管理します。

オブジェクトはそれぞれの値にプロパティと呼ばれる名前をつけて管理します。

//配列
[値1, 値2]

//オブジェクト
{プロパティ1:値1, プロパティ2:値2}

オブジェクトのつくり方

オブジェクトは、{プロパティ1:値1, プロパティ2:値2}のようにつくります。

配列は[]で囲みましたが、オブジェクトは{}で囲みます

キーと 値の間は『:』でつなぎます。また、配列と同様に、要素と要素はコンマ(,)で区切ります。

では実際にオブジェクトを変数に代入してみましょう!

var human = {name:"Taro", sex:"male"};
console.log(human);

オブジェクトの値を取り出す

オブジェクトの値を取り出すには、『オブジェクト.プロパティ名』のように書きます。

早速、取り出してみましょう

var human = {name:"Taro", sex:"male"};
console.log(human.name);
オブジェクトの値を取り出すには、『オブジェクト.プロパティ名

オブジェクトの値を更新する

オブジェクトを作って、取り出してきので、最後は更新の方法も学びましょう。

基本は配列と同じで、オブジェクトも値の上書きが可能となっています。

オブジェクト.プロパティ名 = 値』とすることで、指定したキーに対応した値が更新されます。

var human = {name:"Taro", sex:"male"};
human.name = "Saki";
console.log(human.name);

無事に更新できました。

オブジェクトを使いこなそう

以上、オブジェクトについて解説してきました!

オブジェクトは、プロパティと値がセットになっているので、どんな値が入っているか想像しやすいです。

さて、次回からは、関数を学んでいきます!!

関数まで終われば、プログラミングの基礎は一通り終了となります。

あと少し、走り切りましょう!!

コメント