【解決】やる気が出ない時に試したい3つのこと

メンタルハック

やりたいことがあるけど、中々始められない、、

目標があるけど、ついダラだラしてしまう、、

こんな方にむけての記事です。

やりたいことがあるのにやる気がでない、という悩みを持つ方は多いと思います。

頭の中では『~するぞ!』と思っていても、それとは程遠い行動をとってしまう。

とても分かります。でも安心してください。

やる気が出ないのは、生まれつき怠けものだから、というわけではありません。

やる気がでないのはちゃんと理由があります理由があるということは、改善可能というわけです。

本記事では、『やる気がでない』の対処法をご紹介します。

 

やる気スイッチ①『~しなければ』思考をやめる。

まず、1つ目は、『~しなければ』と考えることをやめてください。

  • 仕事だから6時に起きないといけない

  • 家の掃除をしなければならない

  • 勉強をしなければならない

こんな風に、『~しなければ』は、やらされてる感・義務感があります。

やらされてる感を感じると、人間は、自己コントロール感を失います。

自己コントロール感は、「自分の人生を自分でコントロールしている感覚」のことです。

これを失うと、人間は、やる気がなくなのです。これを学習性無力感といいます。

 

動物園のライオンがぐったりしているのも学習性無力感そのものです。

餌がもらえるタイミング、檻の中の環境など、何もライオン自身で選択できないからです。

 

学習性無力感に立ち向かう方法は簡単です

「~しよう」に置き換えてください。
  • 6時に起きて、読書してから会社に向かおう

  • 掃除をしてピカピカにしよう

  • 勉強を頑張って年収をアップさせよう

「しよう」に変えるだけで、自分の意志が入ります。

やらされてるのではなく、ちゃんと自分で選択し、人生をコントロールしているという感覚をとり戻そう

やる気スイッチ② マンネリ化をやめる

毎日同じことの繰り返し、というのもやる気を低下させる原因です。

仕事→帰宅→だらだらスマホ→就寝→仕事

こんな感じの生活を繰り返しているとやる気が起きてきません。

理由としては、変化のない日常を過ごすことで、挑戦力と好奇心が低下するからです。

挑戦力と好奇心の低下は、やる気を根こそぎ奪います

 

子供のころは好奇心旺盛で、興味のあることを夢中でできました。

しかし大人になり、受ける刺激が減ってくると、好奇心が失われます。

 

これを打破するには、「毎日の行動をちょっとだけ変化させる」ことです。
  • 帰り道のルートを少し変える
  • 行ったことのない場所やイベントに参加してみる
  • 新しい習い事を始める

このちょっとした変化が、失われた刺激を取り戻します。

そして、徐々にやる気に満ち溢れていた子どもにもどることもできるでしょう!

 

オススメは、ちょっと緊張を感じる行動がちょうどよいです。

一切緊張や不安を感じないというのは、刺激不足です。

新しい刺激を手に入れ、好奇心・挑戦力をとり戻そう!

やる気スイッチ③ 行動が先で、やる気が後。

3つ目は行動というか、概念の話ですね!

前提を覆すのですが、「やる気が出ないから行動できない」というのは当たり前の話です。

え、なんで当たり前なの!?

なぜなら、やる気は行動し始めてから湧いてくるものなのですから。

つまリ「行動が先で、やる気が後」というわけです。

これを作業興奮といいます。

 

部屋の掃除ってめんどくさいけど、始めてからは結構長時間やって止まらないことありますよね。

まさにあれです。

 

この作業興奮から、導き出せる最善の行動は、

まずは5分だけ手をつけよう」と行動のハードルを下げて始めることです。

行動を始めないとやる気が出ない以上、いかに早く行動できるかが重要となります。

そのために、5分だけ!と小さく早く始めるのです!

たいてい、5分手をつければ、たいていやる気が後からついてきます。

5分してもどうしてもやる気がでないときは、休んでオッケーです。そんな日もあります。

やる気を出す方法が、『行動を始める』ってなんか皮肉だね、、

やる気スイッチまとめ

いかがでしたか?個人的おすすめは、最後の作業興奮のお話です。

『やる気が出ないから行動出来ないを治す方法は行動を始めること!

と、矛盾したように感じますが、これが真理なのです。

「行動が先で、やる気が後」

この原則を知らずに、「やる気が起きたら始める」なんて、行動の前に白骨化しています。

やる気は、行動を始めない限り2度と起きない!ことを頭に入れて、小さく行動を始めましょう!

やる気の本に関しては以下がおすすめです!

やる気に関して、もっと具体的に書かれています。

本でマインドをみにつけましょう!

コメント