瞑想が脳に与える驚くべき効果。不安軽減、集中力向上、無限の可能性。

メンタルハック

瞑想ってどんな効果があるの?

瞑想を始めるメリットを知っておきたい!

こんな方に向けての記事です。

最近、『瞑想』という言葉がどんどん一般化されてきたように思います。しかし、瞑想の効果について、詳しくご存知の方は少ないと思います。

そこで本記事では、瞑想の恐るべき効果について解説していきます。

僕自身、瞑想を一年以上続けています。結果、自分の感情を上手に扱えるようになったという実感を得ています。

また、メンタルに疲れた時は、瞑想でリラックスする事が当たり前になっています笑

あの天下のGoogle様も瞑想のプログラムを会社で取り入れているみたいですね、その効果は絶大です!

それでは早速、瞑想のメリットを見ていきましょう!

瞑想が、なぜ脳に影響を与えるのか

そもそも瞑想とは、脳の前頭葉という部分を鍛える筋トレのようなものです。

前頭葉は、額の真裏にあり、集中力や意思力を生み出し、自己コントロール感を維持するという効果を持ちます。

この前頭葉に負荷をかけ、鍛える事ができるトレーニングが瞑想というわけです。

こうした瞑想の効果は最近広まっていき、Googleがマインドフルネス瞑想のプログラムを社員教育に取り入れたのも話題になりました。

瞑想はスピリチュアル的なものでなく、広くビジネスパーソンが活用できるメンタル改善のメソッドです。
 

瞑想の効果はどのくらいで表れる?

瞑想の効果は、3時間を超えたあたりから、自制心・洞察力・注意力などが向上していきます。

3時間は合計時間なので、1日数分でも継続すれば問題ありません

さらに、継続期間で言えば、2ヶ月を超えたあたりから、自己認識能力が強化されてきます。自己認識能力は、自分を客観的にみる能力に関係します。

自分を客観視出来ると、余計なストレスの軽減、人間関係の良好化、冷静な人生設計などが出来るよになります。さらに、

瞑想は続ければ続けるほど効果がアップします。前頭葉をはじめとし、脳の様々な機能アップにつながります。

最も簡単な瞑想の方法を紹介します

ここで最も簡単な『1分瞑想』をご紹介します。瞑想の基本は、姿勢と呼吸です

背筋を伸ばして、自分の呼吸をひたすら意識する。

基本的には、瞑想でやることはこれだけです。たったそれだけで、前頭葉を鍛えてメンタル強化ができるのです。

それでは、もう少し具体的に説明します。

  1. 背筋を伸ばして座りましょう。(椅子でも地べたでも可)
  2. 目をつぶってください 
  3. リラックスしてゆっくり呼吸します。1分に6回のペースで行います。目安は、鼻から5秒かけて吸い、5秒以上かけて吐くようにします。
  4. 呼吸にひたすら意識を向けます。空気が鼻から気管を通って、肺に入る。そして、また鼻から空気が抜けていく。空気の流れに集中しましょう。
  5. 途中で、意識が別のところにとぶと思います。その時は、また呼吸に意識を戻します。   
まずは、1分からで構いません。徐々に時間を伸ばしていければ最高ですね。僕は1日10分行っています。
何度も意識が逸れても問題ありません。瞑想は筋トレですから、意識がそれて、また呼吸に意識を戻す時にこそ効果が表れるのです。なので、呼吸に意識を集中できない、、と投げ出さないでください!

瞑想を続けると、メンタルの状態が変わってくる

瞑想を行うと、扁桃腺という部分も鍛える事ができます。扁桃腺は、不安や恐怖の感情を処理している部分です。つまり、ここが鍛えられると、

不安や恐怖が軽減されます。

また、瞑想を行うことにより、性格が良くなります。笑 具体的には、他人の気持ちが分かるようになり、共感能力が高まります。

そして、最初に紹介したように、前頭葉も鍛える事ができるので、集中力や意思力も高まります。

また、瞑想とは、『今この瞬間に集中する力』も鍛える事ができます。あなたの心配事のほとんどはまだ起きていない未来への恐怖です。

瞑想をすることにより、今この瞬間に集中出来ます。結果として、未来への余計な心配をする時間も短くできます。

余計なことを考えなくなるので、自己嫌悪感の低下の結果も得られています。

あとは、単純に副交感神経が高まり、リラックスする効果もあります。精神的な疲れをとるのに、もってこいの瞑想です!

だらーっと書いてきたのでまとめます。瞑想の効果はざっと以下の通りです。

  • 集中力・意思力の向上
  • 不安や恐怖の軽減
  • 共感能力の向上
  • 自己コントロール感の向上
  • 自己嫌悪感の低下
  • リラックス効果

これは、人生を変えるだけの力を持ってそうですね、、恐るべし瞑想、、

 

瞑想で人生を好転させる!

以上、瞑想の恐るべきメリットを解説してきました。

長期的な効果を得るには2ヶ月の継続です。継続のコツは以下の通り

  • 短い時間から始める。
  • 『朝起きた時』や『歯を磨いたあと』など、時間を決めておく。
  • 瞑想継続日記をつける。続いている自分を褒める。

2ヶ月間続いた事は習慣化され、それ以降はラクに続ける事が出来るようになります。つまり、最初の2ヶ月が一番の踏ん張りどころです。

自分なりのペースを見つけて、気長に続けてください!

ではっ!

コメント