お金が減らない考え方。ストレスなく貯金する方法3選

目指せセミリタイア

節約したいけど気付いたらお金が消えている、、

誘惑に負けて、散財してしまったぁぁぁ1!!

こんな方に向けての記事です。

ちなみに僕くずもちは、誘惑に負けて散財 というのは経験したことがありません。つまらない男です(笑

この記事は、

  • お金はあなたの時間そのものである
  • 人間の欲望は無限大
  • 息をすることにお金をかけるな(極論

ということをかいた記事です。

お金の大切さを改めて考え、倹約できるようになっていただきたい。
という思いで書いています!

それでは、お金がたまりやすくなる基本概念を3つご紹介します

お金は、時間そのものである

あなたが今使おうとしているお金は、あなたが必死に働いて稼いだお金です。

つまり、何かを買うということは、あなたの貴重な労働時間を割いている、ということです。

今日給料が入ったし、この3万円のカバン買うか!

このように何か物欲が湧いた時は、↓のように考えてください

この3万円のカバンを買うために自分は何時間働かなければいけないのだろう

このカバンを買うのに、30時間働かなければいけないのか、、

あなたのお金はあなたが時間を割いて得た報酬であることを常に頭においておけば余計な出費は確実に減ります。

逆に、働く時間を考えても欲しい!となる場合は、本当に欲しい物なので自信を持って買いましょう😄

欲望に優先順位をつける

人間の欲望には際限がありません。終わりなき強欲です。

金も欲しい!地位も欲しい!名誉も欲しい!女も欲しい!この世の全てが欲しい!!!

とは、言い過ぎですが、本当にキリがありません。

例えば広い家を買うと、次はいい家具が欲しくなります。

そして次は車、保険、服、たこ焼き、、、、無限に続きます。

この悲しみの連鎖を止めるための方法は一つ!(真実はいつも)

欲望に優先順位をつける

えっ諦めろってこと??夢がないなぁ

と思うかもしれませんが、少し待ってください。

自分の本当に好きなことにお金を使うために、それ以外は捨てろ!

ということです。家にも車にも保険にも服にもお金をかけていたら、余裕のある暮らしなんて不可能です(大富豪は別ですが)

事前に、これにお金を使う!それ以外は使わない!と、マイルールを設定しておきます

好きなことにはとことん集中、それ以外はとことん倹約、といった感じです。

好きなことにはどんどんお金をかけて人生の満足度を高めていきましょう

無駄な出費は極限まで減らしましょう。コンビニに立ち寄っても人生の満足度は上がらないです。

住居費にお金をかけない

これは賛否ある意見だとは思います。

住居というのは、間違いなく人生最大出費の一つです。つまり、

住居費さえ抑えることができれば、人生の難易度は劇的に下がります

とは言っても、マイホーム欲しい!広い家に住みたい!!

もちろん僕もその意見はわかります。しかし、それで本当に人生の満足度が上がるのでしょうか??

ほとんどの人は、いい家を買ったくらいでは、人生にあまり大きな影響はないように思います。

たとえば、良い家を買って、そのローンを返すために残業をがんばる、、というのは本質からずれています。

家だけにはこだわりたい!他の全てを投げ打ってでも!!

こういう方なら、いい家を買うべきでしょう。しかしそういった人はあまりいないでしょう。

家を我慢するだけで、人生で数千万というお金が浮きます。そのメリットを考えてみましょう。

  • 住居費が浮いたことで、週5日フルタイムで働く必要がなくなった
  • 自分の趣味に躊躇なくお金を投入することができるようになった
  • 固定費が下がったことで、気持ちがすごく楽になった

などなど、住居費1つ抑えることで無限大のメリットを得れます。

僕は、全てを節約しろ!と言っているわけではなく、集中と倹約を勧めています。

住居費というバカでかい費用1つ我慢することで、その他のことに我慢する必要がなくなります

それでも、いい家に住みたい!というのであれば、それはそれで素敵な価値観だと思います!

まとめ

以上、お金の大切さを改めて実感していただけたでしょうか?

ただ節約するのではなく、

好きなこと以外の出費を極限まで倹約し、好きなことにジャンジャン使う。そして人生の満足度をあげる

そうやって、お金に対する不安をなくしていきましょう。

あなたのお金は、あなたの時間が生み出した賜物です。大切に扱いましょう!そして自分の納得のいくことにのみ使いましょう

個人的には、家や車など大きな費用がかかるものを積極的に我慢して、人生を気楽に生きる!

という道を選択します。みなさんはどうでしょうか?正解なんてないですからね!ではっ!

コメント