『〇〇歳までに何円貯める!』という貯金目標がダメな理由

目指せセミリタイア

どうもくずもちです。

『〇〇歳までに何円貯める!』

という目標があまりよろしくない理由を書いていきます。

(もちろん考え方は人それぞれですけどね!)

結論から言うと、既得権益化しやすい目標だからです。

目標自体が汗枷となり、柔軟な対応ができなくなります。

この目標は、会社員など、未来の収入が比較的予測しやすい働き方を

している方が立てがちな目標ですね。

収入が予測しやすいから、何歳で何円貯めれるかも予測しやすいということですね。

ところが、その目標を立てた瞬間に、その金額に到達するまで

チャレンジできなくなります。

例えば、『30歳までに1000万貯める!』

と意気込むと、30歳まではチャレンジせず今の職場で働く!という選択になりやすいです。

なぜなら、収入の予測が変わるのが嫌だからです。

もちろんダメなことではありませんよ。

ただ30歳までに独立したい!とかベンチャー企業に行きたい!とか

チャレンジしたいと感じる瞬間が来るかもしれません。

その時に、『でも、1000万円貯めれてないしなー、、』

と汗枷になりやすいです。

もちろん、目標を立てること自体は悪くないので、

大切なのは距離感です。

『30歳までに、1000万貯めれたらいいけど、まぁ無理する必要はないよねー』

くらいでいきたいですね!!

コメント