最適な年収・貯金は人それぞれ。他人と比べても意味なし。

ライフスタイル

どうもくずもちです。

年収や、貯金額をつい人と比べてしまう方に向けて書いております。

結論、人と比べても意味がないよねって話です。

人によって、快適な消費額は違う

満足するまでにかかる消費額は、ほんとーに千差万別。

10億円持っていても、不安を感じる人もいるし、

年間100万あれば豊かに暮らせる人もいます。

どっちが良い悪いというわけではなく、価値観の違いです。

今の日本は最低限の暮らしは保証されているので、少ない金額でも

豊かに暮らせるのは間違いないですからね。

ですから、満足のいく消費額によって、必要な年収、貯金額は変わってきます。

年間100万で豊かに暮らせる人は、正社員で働かなくてもいいかもしれません。

大切なのは、自分の満足いく生活をイメージすること

人それぞれで必要な年収、貯金は違います。

よって、するべきことは、人と比べることではなく、

『自分は、いくら収入があれば満足いく暮らしができるか?』

これを見つけ出すことです。

個人的には、日本は基本的なインフラが整っているので、

家とネット環境さえあれば、満足いく暮らしができます。

が、まぁそれは人によって違うので、自分の答えを見つけ出したいですね(^^♪

一度、自分と向き合って、ほんとーに必要な年収はいくらか?

考えてみましょう。

あれ?そんな働かなくてもいいかも??

ってなるかもしれませんね!

コメント